読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録

主に山行記録です。あと観た映画の感想や、買い物の記録など。

【山行記録】八ヶ岳 天狗岳


山行記録です。


忘れないうちに残しておきます。


今年の8月に中央アルプス木曽駒ケ岳に登って調子に乗り、秋は八ヶ岳だ!ということになり、今回登ったのが天狗岳


今回の山行は、「(お財布に)エコ登山」ということで、夜行バスや特急を駆使して日帰りで行こう!ということに。


結論から言います。


めちゃくちゃきつかったw


今までで一番スパルタ登山でした(´⊙ω⊙`)


金曜日夜、竹橋22:45発の毎日あるぺん号 甲斐駒 八ヶ岳方面行きに乗る。


受付付近は登山の格好した同志がたくさんいてなんとなく心強い。笑

だって華金の夜に登山者の格好で東京駅とか乗り継ぐの辛すぎる。笑


夜行バスの難点だと思うけど、どこかポイントに到着する度に明るくなるからまあ起きますよね。笑

座席も倒せないし、身体がバキバキになりながら予定より30分近く早めの5:40に白駒池駐車場に到着。


さ、さむい(´⊙ω⊙`)


凍えてかじかむ手で、朝食(おにぎり1個、ミニあんぱん2個、アミノバイタルゼリー1個、アミノバイタル粉末1袋)をかっこみ、化粧をし、トイレ(50円)を済ませて6:20頃行動開始。


白駒池には、写真を撮りに来た本気のカメラマン達がちらほらいました。

f:id:zukimatu6:20161015171433j:plain


iphoneで撮影するとこんな感じ。


目が、目がぁぁ

とかふざけながら、白駒荘を素通りし、いざ目指すは高見岩小屋。


ほぼコースタイム通りに着き、トイレを(100円?)済ませ、高見岩展望台へ。


展望台とかいうけど実際は大岩をひょいひょいと渡って登って行く感じ。

私はもうここでもう大騒ぎ。

だって超怖い!!!

今さら気づいたけど多分高所恐怖症。


相棒は嬉々として前へ進み、撮って撮ってと超いい笑顔。はらしょー。


なんとか上までたどり着き、見渡す360°(余裕なくて180°しか見なかったけど)で広がる大パノラマは、まるで今話題の『君の名は。』の隕石湖を見下ろすあのシーン。


f:id:zukimatu6:20161015172501j:plain


♪まだこの世界は〜

とかふざけながらなんとか展望台を降りる。


次に目指すは、

中山 2,494m。

だいぶ高見岩で時間をロスったけど、岩岩岩でしんどいしんどい。

ペースアップすることなく、なんとか中山展望台に到着。


エネルギー不足ということで、しばし休憩。用意してきたコンポタを飲む。


f:id:zukimatu6:20161015172906j:plain


インスタ映えを意識して買ったこのスノピのマグよ!ひゅう!


だんだんこの辺りから、

「西天狗まで行くの、きつくない?」ってことで計画変更を視野に入れ始める。


辛すぎて覚えてないけど、ひぃひぃ言いながら着いた次のポイントは中山峠。


この地点で残り時間を逆算し、西天狗登頂は断念。

とりあえず東天狗は登頂できるように気合いを入れ直す。


稜線歩きというか、森林限界を超えた岩場歩きは個人的にどうも苦手らしく、本当に東天狗登頂までの道のりはきつかった。。


言葉も少なく、東天狗に登頂したのが11時くらい?


f:id:zukimatu6:20161015173639j:plain


頂上で少しgdgdした後、次に目指すは黒百合ヒュッテ。


今回の山行の目的はこの黒百合ヒュッテの手ぬぐいをgetすることと言っても過言ではない。


下り(2人とも苦手)ということで、気合いいれて下りるもののもう既に膝はガクガクw

太ももぷるぷるw


黒百合ヒュッテまでの道のりも本当に岩場続きで、限界目前の下半身にさらに鞭を打つ。


何回か尻もちをつきながら、なんとかなんとか黒百合ヒュッテ到着。


安堵の思いのほうが強く、テンションが上がりきらないw


手ぬぐいの写真も撮ってないw


もつ煮とホットコーヒーという不思議な組み合わせでお腹を満たし、トイレ(200円、めちゃくちゃ綺麗)を済まし、いざ渋の湯バス停。


この時点で薄々感づいてたけど、

茅野駅行きの最終バス時刻までほぼコースタイムぴったり。


しかもピストンじゃないから、あとどれくらいかもわからない。


とにかく早く下りる!

きついけど下りる!

下半身ぶっ壊れそうだけど下りる!


今回の登山で一番きつかったの、黒百合ヒュッテから渋の湯バス停までの怒涛の下り。


時間もギリギリだし、下半身痛いし、あとどれくらいかわかんないしで半泣きになりながらも、


相棒と声を出し合いながら(掛け合う感じではない)、いよいよあと40分くらいの地点まで下山。


そこで2人1組の登山者に会う。

おじいさんと若い女性。

敬語使ってたから、身内ではなさそうだったけど…


同じ最終バスを目指しているということで、互いに励まし合いながら、もしものときはバスを止めてくれwという約束を契り、活力が湧いてきたところで本当の本当のラストスパート。


おしりが決まってる登山ってきつい。焦る。

あとどれくらいかわからない道って怖い。不安。

限界超えてる下半身。


スパルタ登山…(´⊙ω⊙`)


あと7分でバス出発ってところで、ギリギリセーフで間に合いました。

途中で出会ったあの1組もギリギリセーフで乗車。


爆睡で茅野駅に到着。 


16:20発の特急あずさに乗り込み帰路に着きました。


f:id:zukimatu6:20161015174842j:plain


沁み渡る美味しさ…


色々と反省点が多く見つかった山行だったので、よかったかな!

八ヶ岳の苔ワンダーはやっぱり素敵!苔ワンダーだいすき!!!


f:id:zukimatu6:20161015175106j:plain